WAKUWAKUピアス
Enjoy

金属アレルギー

allergy

最近、金属アレルギーで悩む人が増加してきているそうです。身につける金属製品でアレルギー症状を起こしてしまうことですが、ピアスも例外ではありません。
時計やネックレス、指輪やピアスで金属アレルギーを起こしてしまう人も少なくないのです

foot

金属アレルギーって?

金属アレルギーは、普段身につけている貴金属で起こるアレルギー反応のことです。

身につけている貴金属が、体液や汗で微妙な量なのですが溶け出し、金属がイオン化して身体の中に入り込み、次に同じ金属が身体に接触すると拒絶反応を起こして皮膚がかぶれてしまう状態です。アレルギー性接触皮膚炎とも言います。

金属アレルギーが起きやすいのは、初めてピアスをつけ始める時です。ネックレスや指輪は表皮の上にするので、溶け出した金属が身体の中に入りづらいのですが、ピアスは傷になっている皮膚を貫通させて、皮下組織に直接金属があたるため、溶け出した金属が身体に入りやすく、結果拒絶反応も起こしやすいのです。

一度なってしまうと治ることはないと思った方がいいでしょう。


アレルギーを起こしやすい金属

元素記号

世の中に出回っている金属は、耐腐食性を持たせるために、メッキを施しているものがほとんどです。ここでは金属アレルギーを起こしやすいものを紹介しますので、ピアスだけではなく、ジュエリーを購入するときの参考にしてください。

一番アレルギーを起こしやすいのは、ニッケル・コバルト・クロムです。次に亜鉛・マンガン・銅がきて、銀・プラチナ・金と続きます。一番アレルギーを起こしにくいのはチタンとされています。

クロム

革製品をなめすときにも使われるクロムは、腕時計のバンドは皮手袋でも金属アレルギーを起こす場合があります。

ニッケルと同様、汗の多い部分などにその症状が現れます。

ニッケル

現在の金属アレルギーの原因の一位にあるのがニッケルです。汗にはニッケルを溶かす作用の強い塩酸イオンが含まれていて、ニッケルアレルギーの人は、ほんの少しの汗をかいただけでも金属アレルギーの症状が出ます。

また、このアレルギーはニッケルが触れた所だけではなく、血流に乗って、汗を多くかいているところに湿疹を出す場合もあります。ピアスなどの装飾品には金メッキが使われていることも多く、そのメッキの下地にはニッケルがよく使われています。金メッキがはがれると汗でニッケルが溶け出し、金属アレルギーを起こすのです。

コバルト

コバルトはニッケルにとてもよく似た金属で、ニッケルと同様の反応を起こします

金は溶けにくい金属な為、アレルギーを起こしにくいことでも知られています。

確かに指輪やネックレスだとアレルギーは起こりにくいのですが、最近ピアスでの金属アレルギーが増えてきています。

やはりピアスは直接傷になっている所から直接皮膚組織に触れるため、体液とも長い時間接触したままになるので、金が溶け出しやすい条件が揃っているためです。


金属アレルギーの症状

金属アレルギーを起こすと、金属のあたっている部分が赤くなるだけではなく、痒くなったり、発疹が出たりします。

また、金属が触れている部分だけではなく、全身に湿疹がでたり、膿の袋ができる場合もありますし、顔だけではなく手足にもシミやしわができる場合があります。


アレルギーを防ぐ方法

金属アレルギーを防ぐには、病院に行って自分がアレルギーを起こす原因の金属を特定し、その金属を身につけないようにすることです。

ピアスはつけっぱなしにせず、常に清潔を心がけましょう。注意しなければいけないのは、清潔と消毒は違うということです。

消毒のしすぎは反対に皮膚を荒らしてしまい、かぶれの原因にもなりますので、消毒ばかり一生懸命してもいけません。

tiシャワーで傷口を流すなどして、清潔に保つということです。

また、ピアスの素材ではチタンは一番安全ですが、素材だけではなく、ポストの長さにも注意しなければいけません。

耳たぶの厚さに対して短いポストのピアスをしていると、耳たぶを圧迫することになり、金属アレルギーを引き起こす原因にもなります。


[ スポンサードリンク ]

穴あけ初めて不向きボディー場所素材種類|アレルギー|セカンドボディートラブル
アフターお手入れQ&Aホームリンクサイトマップ

Copyright (c) 2009 WAKUWAKUピアス All Rights Reserved.